//遠くで汽笛を聞きながら・・・

プロフィール

 時代遅れピンボケおやじ

Author: 時代遅れピンボケおやじ
あっちへフラリ、こっちへフラリの街角Watching!をご覧いただきありがとうございます。
おいしいコーヒーでも飲みながらゆっく覗いて見てください。

※コメントなどをいただきありがとうございます。当方PC初心者の「時代遅れオヤジ」です。返信等でご無礼を致していることを大変申し訳なく思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (38)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

SENDAI 光のページェント

今年で30回目を迎える「仙台光のページェント」 すっかり冬の風物詩として定着しました。
定禅寺通のケヤキ並木に星降るような数十万球の美しいイルミネーションが光り輝きます。
杜の都を美しく彩るイルミネーショはオレンジ色一色の温かい雰囲気を醸し出し、
落ち着きがあり、大人の夜をロマンチックなものにしてくれます。


DSC01506_convert_20151220143152.jpg 

ビルのガラスに映るイルミネーションやオシャレなレストランも、大人の夜を演出しています。
雪でも降ったらもっといいでしょうね。

DSC01550_convert_20151220143439.jpg 

 
DSC01527_convert_20151220143302.jpg   DSC01536_convert_20151220143331.jpg   
DSC01513_convert_20151220143226.jpg 

DSC01496_convert_20151220143120.jpg 

DSC01484_convert_20151220143045.jpg




スポンサーサイト
  1. 2017-06-08 07:00 |
  2. 未分類

みちのく YOSAKOI まつり

歴史と伝統のある街仙台の人気のイベント「みちのくYOSAKOIまつり」です。
今年で18回目となり、
今や仙台の秋の大イベントとしてすっかり定着し、
県内外から参加者や見学・観光のために多くの人が訪れました。

10月10日、11日仙台市青葉区の勾当台公園や市地下鉄沿線の8会場で開催されました。
宮城県を中心に東北6県や北海道、高知県などから174チーム約8,000人が参加しました。
今年は
2日間で約100万人の観客が訪れたと言います。



DSC01374_convert_20151012112340.jpg
 

DSC01361_convert_20151012112233.jpg 

DSC01393_convert_20151012112453.jpg 

DSC01291_convert_20151012112011.jpg


 DSC01425_convert_20151012112528.jpg 

 


  1. 2015-12-11 14:15 |
  2. 未分類

仙台クラッシックフェスティバル

国内外で活動している音楽家がクラシック音楽の演奏を繰り広げる、恒例の「仙台クラシックフェスティバル」がありました。「仙台クラシックフェスティバル」は、多くの市民に気軽にクラシック音楽を楽しんでもらおうと、毎年この時期に開かれていて、ことしで10回目だそうです。今年は国内外で活動しているピアニストやバイオリニストなど62人と16の団体が、仙台市内の4か所のホールや地下鉄仙台駅などを会場に演奏を繰り広げました。「生演奏を楽しんでもらうというのが大きなコンセプトの1つであり、演奏者の思いが客席に伝わり一緒に感動を体験して頂きたい」ということです。又、地下鉄駅構内などで無料コンサートも開催されています。


地下鉄駅コンサート「旭ヶ丘駅」
繧ッ繝ゥ繧ウ繝ウ邃・_convert_20151004190059


ピアノ:斎藤初美さん  ソプラノ:熊坂真里さん

繧ッ繝ゥ繧ウ繝ウ邃・_convert_20151004185921 
 
繧ッ繝ゥ繧ウ繝ウ邃・_convert_20151004190244 

アルトサクソフォン:沼倉由佳さん   ピアノ:千葉優美子さん

DSC01237_convert_20151004185648.jpg 

 

 
DSC01233_convert_20151004185610.jpg  DSC01231_convert_20151004185758.jpg
  1. 2015-10-05 17:54 |
  2. 未分類

霞ヶ城 (山形)

山形城(やまがたじょう)は、別名を霞城(かじょう)霞ヶ城(かすみがじょう)と呼ばれ、最上氏の祖・斯波兼頼が、延文2年(1357)に築城したと伝えられ、現在の城郭は11代当主最上義光(よしあき・最盛期57.5万石)によって築いたものが原型とされている。

最上氏11代当主義光の代に、関ヶ原合戦の戦功により57万石の大々名となり、実質100万石の城下町として山形は繁栄したが、城主は11氏が頻繁に交替し、最後の城主水野氏は、僅か5万石で明治維新を迎えた。

現在は霞城公園(かじょうこうえん)として市民に親しまれている。


DSC00986_convert_20150928153021.jpg 

DSC00980_convert_20150928152931.jpg 
DSC00978_convert_20150928152851.jpg 
DSC00974_convert_20150928152803.jpg  DSC00989_convert_20150928153118.jpg 

                                     霞が城公園の山形県立博物館
                                     「縄文の女神」 国宝 (舟形町西ノ前遺跡から出土)
                                       (玄関前のレプリカ)
  1. 2015-09-28 16:14 |
  2. 未分類

The25th 定禅寺STREETJAZZ FESTIVAL in 仙台

仙台「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」9/12~13日 第一回開催は1991年。今年で25回目。 恒例の仙台の秋のイベントです。ちなみに去年は715バンドが参加、参加者数5,000人強とのこと。私は今年が初めて・・・。 おそらく七夕と同じくらいの人出でしょう。ものすごい人、人、人・・・。2日で100万人くらい?  勾当台公園や青葉通り、定禅寺通り、東二番町通りなどにステージが設けられていました。演奏のジャンルはなんでもありとのこと、一人の弾き語りからビッグバンドフル編成までと多彩。もう一つ楽しいのはビール工場直送という、おいしいビールが随所で楽しめたことでした。(トイレの心配の必要はありません。) それとオシャレな屋台がたくさん出ていて、これがうまい !!! 
(でもチョット高いかな・・?? )

DSC01143_convert_20150914131338.jpg

DSC01148_convert_20150914131414.jpg 

DSC01195_convert_20150914131739.jpg 

メジャーな人もいました・・・矢野沙織さんです  東京都大田区出身のジャズミュージシャン。
アルトサクソフォーン奏者。
中学卒業後アメリカに渡り、やがてニューヨークのレストランなどで演奏するようになる。

テレビ朝日系「報道ステーション」の初代オープニングテーマソング
(松永貴志&矢野沙織「Open Mind」)を演奏している。
2007年には花王ASIENCECM曲「I & I」を作曲・演奏し、自身もCMに出演した。


DSC01176_convert_20150914131454.jpg

DSC01206_convert_20150914131910.jpg  

DSC01179_convert_20150914131656.jpg 
 
DSC01208_convert_20150914132351.jpg  DSC01199_convert_20150914131827.jpg

  1. 2015-09-14 13:43 |
  2. 未分類

仙台七夕まつり

今日、8日は立秋、仙台七夕まつりは最終日した。七夕まつりにはお決まりの雨が少々ぱらつく曇り空。 猛暑日となった昨日までとはうって変わって、暑さが幾分和らいだ今日は28度くらいかな・・・。  少ししのぎやすい。   私自身何十年ぶりの七夕まつりでしたが、感激が今一つです。  昔のお祭りとはなんかが違うのです。  人の出は例年200万人くらいで大変賑わっているのですが、何と表現したらいいのか・・・。  行儀が良すぎるお祭りというか?  時代が違うのでしょうね・・・。


DSC01122_convert_20150808152610.jpg
 

DSC01127_convert_20150808152735.jpg 


DSC01110_convert_20150808152501.jpg 

DSC01108_convert_20150808152535.jpg


DSC01101_convert_20150808152424.jpg



  1. 2015-08-08 15:36 |
  2. 未分類

白河以北一山百文


明治維新の際に、薩長からこの「白河の関」より北は“白河以北一山百文”と蔑まれた東北  !!
(現・福島県白河市より北は、山ひとつ100文の価値でしかないと言われた。)
「河北新報」社名の由来より


CA390365_convert_20150803191148.jpg


東北では、「白河以北」という言葉は、蔑視と差別を意味する言葉です。
維新後の東北地方が中央から冷遇を受けた際、この言葉をバネに中央政府や官軍権力に対する反骨心を養ってきたのかもしれません。
1918年に藩閥内閣を倒し、日本最初の政党内閣を樹立させた 原 敬は盛岡藩家老の家柄の出ですが、彼の雅号「一山」もこの言葉から命名したとされています。
 

CA390366_convert_20150803191304.jpg


今年も高校野球が始まりましたが、甲子園大会での優勝争いが「白河の関」を越えるという言われ方があります。これに歴史上の感情を重ね合わせる人はいないと思いますが、東北勢にとっては「白河の関」は今でも大きな山となっています。


  1. 2015-08-03 21:06 |
  2. 未分類

船岡城址・・・樅の木は残った

山本周五郎の歴史小説「樅ノ木は残った」(もみのきはのこった)は、伊達藩家老 原田甲斐のお城・・船岡城跡。(宮城県船岡) 


船岡城址公園に
今もなお残る1本の大きな樅ノ木は、江戸時代前期(今から約350年前)に仙台藩伊達家で起こった「伊達騒動」を題材に、古い歴史をNHKの大河ドラマの中で蘇がえさせ、原田甲斐は一躍有名になりました。(昭和45年放映)

船岡城址公園は「日本の桜100選」に選ばれる桜の名所です。

DSC00936_convert_20150721145345.jpg 

頂上本丸まではこのモノレールのようなもので登れます。片道200円くらいだったかな?
「帰る時はボタンを押して呼んでください、すぐ参ります。」と言われました。ローカルでいいですヨ !!!

DSC00942_convert_20150721145433.jpg 

頂上の本丸は小さな公園になっています。ローカルな売店もあります。
休日でしたが静かで観光客もあまりいませんでした。もう少し整備しておけば・・・?
蔵王の山がきれいに望めます。手前の川は「一目千本桜」で有名な白石川。

3B2EDC18B76D4B1A889EDC34B608E8DD_L[1]_convert_20150721145740  004CA1B436FA4665B2FC0477415805DF_L[1]_convert_20150721145813

桜の季節はこんな感じのようで大勢の人が押し寄せるみたいです。
別世界ですね。(写真はお借りしました。)

DSC00960_convert_20150721145525.jpg 

少し足をのばして、ちょっと寄り道・・・村田町の「蔵の町並み」の通りです。
観光者用のパーキングがありましたが、他は別に何も・・・。もったいない!!
スレてない観光地です。

DSC00963_convert_20150721154604.jpg 
DSC00957_convert_20150721152915.jpg
DSC00958_convert_20150721153614.jpg
 
DSC00967_convert_20150721154526.jpg 


  1. 2015-07-21 15:14 |
  2. 未分類

酒田 山居倉庫

 酒田の街の歴史は古く、その繁栄ぶりは「西の堺、東の酒田」と言われるほどでした。 当時酒田では廻船問屋として名をはせた鐙谷(あぶみや)や戦後の農地改革まで日本一の地主と言われた本間家などの豪商が活躍していました。 この山居倉庫は米の積み出し港として賑わっていた明治26年に建てられた米の保管倉庫です。 夏の高温防止や湿気防止のため二重屋根にするなど、先人の知恵が生かされ低温倉庫として今でも現役の農業倉庫です。


597_convert_20150701113034.jpg

 
592_convert_20150701112747.jpg 

595_convert_20150701112832.jpg

 
596_convert_20150701112922.jpg 


  1. 2015-07-10 09:18 |
  2. 未分類

那須 旧青木家別邸

明治1318年頃、明治政府の殖産興業政策として、維新の英雄や華族達のヨーロッパ型大農場が沢山那須につくられました。そのひとつの「青木開墾」も明治14年に、国から土地を借受け開設されました。 開設者は、当時ドイツ特命全権公使であった青木周蔵子爵。 青木周蔵は、山口県出身でドイツ公使や外務大臣を務めた後、那須において農業開拓を行いました。 この建物はその時の農場管理を兼ねた別荘として、明治21年に建設されました。

20140717_164133_convert_20150624171512.jpg

この写真には表れていませんが100m位続く杉並木が素晴らしいです。映画のロケにでも使えそうです!
 
20140717_163837_convert_20150624171600.jpg 
20140717_164445_convert_20150624171625.jpg 

いかにも那須らしく明治のロマンが屋敷一帯に溢れています。  昭和40年代までは青木家の別荘として使用されていましたが、平成1112月に国重要文化財に指定され、道の駅「明治の森・黒磯」に隣接した施設として一般に公開されています。

DSC_0012_2[1]_convert_20150624171923  DSCN5809_1[1]_convert_20150624172016
                     青木周蔵子爵           こんな馬車に乗っていたのですね。      

那須に行っても特別に宣伝をしている訳ではありませんから、このようなものがあることすら気が付きません。たまたま道の駅に寄ったらあったということでした。
  1. 2015-07-01 10:32 |
  2. 未分類

八王子城跡

八王子城は小田原城(北条氏)の支城でした。1590年、天下統一を進める豊臣秀吉の15,000人の軍勢に攻め込まれました。(今から425年前)

DSC00265_convert_20150619171256.jpg

 当時、城主の北条氏照以下家臣は小田原本城に駆けつけており、八王子城内にはわずかの将兵と、領内から動員した農民・婦女子など約3,000人が立て籠っていたに過ぎず、その日のうちに落城してしまいました。
正室・比佐を初めとする城内の婦女子は自刃、あるいは「御主殿の滝」に身を投げ、滝は三日三晩、血に染まったと言い伝えられています。秀吉の小田原征伐において北条氏は敗北し、北条氏照は当主・北条氏政とともに切腹、その後、徳川家康によって八王子城は廃城となりました。

DSC00263_convert_20150619171105.jpg 


DSC00256_convert_20150619170829.jpg 

八王子城周辺は江戸時代には徳川幕府の直轄地で、明治からは国有林となっていたためあまり人に荒らされることなく、御主殿周辺の遺構や石畳、石垣は当時のものが良い状態で発掘されました。
そのため戦国の山城として平成18年4月に「日本100名城」に選定されました。



  1. 2015-06-20 18:10 |
  2. 未分類

新潟 萬代橋

信濃川にかかる石づくりの萬代橋は重要文化財だそうです。  美川憲一の昔の歌にもありましたね・・・。

DSC00196_convert_20150610151937.jpg
 

私の好きな街の一つ新潟。・・・この街で何と言ってもおすすめは信濃川にかかる夜の萬代橋です。・・・昼間や橋の上からではその美しさがわからないかもしれません。 ・・・橋のたもとに「ホテルオークラ新潟」があって、ここの客室から眺めるのがいいです。古いホテルですが情緒があってこのホテルもおすすめです。

DSC00193_convert_20150610151902.jpg 

  1. 2015-06-10 15:43 |
  2. 未分類

東照宮の桜(仙台)

東照宮で有名なのは日光ですが、他にも全国には何ヵ所もの東照宮があるんですね。
ちなみにこの「仙台東照宮」は仙台の「隠れ桜の名所」だそうです。

DSC00916_convert_20150528170257.jpg
 

DSC00918_convert_20150528170344.jpg
  1. 2015-06-01 11:48 |
  2. 未分類

善應寺の桜

 

DSC00933_convert_20150528170152.jpg

  1. 2015-05-29 15:32 |
  2. 未分類

弘前城の桜

青森県 弘前城の桜は日本一だと思います。新緑の奥入瀬渓谷も格別です。そして秋の紅葉が日本一です。


DSC00878_convert_20150528170957.jpg
 
477_convert_20150528165824.jpg 
492_convert_20150528170004.jpg 
DSC00890_convert_20150528170105.jpg 


  1. 2015-05-28 17:20 |
  2. 未分類

埼玉県入間市 「ジョンソンタウン」

かつての米軍「ジョンソン基地」(現 航空自衛隊入間基地)の
   軍人が住んでいた米軍ハウス
西武池袋線で池袋駅から約40分、入間市駅からけやき並木を歩いて15分。


DSC00865_convert_20141217165358.jpg
 

旧日本陸軍の航空士官学校の将校とその家族が住むための住宅が建
設されたのが始りと言います。太平洋戦争が終わると旧航空士官学
校の飛行場は米軍基地となり、この米軍基地名を「ジョンソン基地」
と言ったらしいです。1950年に朝鮮戦争が勃発すると、この米軍の
ジョンソン基地は最前線基地となり、アメリカ本土から多くの将校
や軍人、家族がやってくることになり、ここにアメリカ仕様のハウ
スを建設したのだそうです。これが現在の「ジョンソンタウン」の
もととなる「米軍ハウス」でした。


DSC00836_convert_20141217165021.jpg


後に基地は縮小・返還され、そこに日本人が暮らすようになり、
街はいつしか「ジョンソンタウン」と呼ばれるようになって、
現在は古い米軍ハウスが24棟(改装した)、新築した平成ハウス35
棟、古民家7棟などの住宅に130世帯が暮らしているそうです。
ジョンソンタウンは、白色で統一された昔風の美しいアメリカの
住宅街を見るようです。
(昔のアメリカ映画に出てくるような住宅です。)
 
DSC00833_convert_20141217164955.jpg

 
DSC00828_convert_20141217164931.jpg

 
DSC00837_convert_20141217165046.jpg


DSC00863_convert_20141217165339.jpg  DSC00859_convert_20141217165256.jpg
 

現在はアメリカ雑貨を扱うお店や、ハンバーガー、イタリアン、
カフェバーなどの飲食店をはじめ、美容室や写真スタジオ、自
転車屋、家具屋やダンススタジオなど、50件ほどのお店がある
らしいです。そしてそのことがアメリカンなチョット違う商業
施設としても話題を集めるようになり、周辺住民はもちろん遠
方からも訪れる人が多くなったのだとか・・・。
なんともオシャレな街です。プチアメリカンです。

DSC00827_convert_20141218123621.jpg 

DSC00857_convert_20141218123643.jpg 


DSC00842_convert_20141217165147.jpg 

関東には今でもたくさんの米軍基地があります。有名なところでは
横須賀米軍基地、横田米軍基地、座間米軍基地、厚木米軍基地など
です。この他にも東京、神奈川、埼玉には駐屯地や通信施設などが
本当にたくさんあります。


DSC00840_convert_20141217165126.jpg 


DSC00838_convert_20141217165106.jpg 

若い時にこんなのを知っていたら住んでみたくなったでしょうね・・・。 

  1. 2015-02-12 15:30 |
  2. 未分類

東京湾 「海ほたる」

向こう側は千葉県の房総半島で、この道路の先は千葉県は木更津市です。
東京アクアラインの「海ほたる」から千葉方面へは海上を走ります。


DSC00515_convert_20141211110749.jpg


「海ほたる」は神奈川県・川崎と千葉県・木更津を結ぶ東京湾アクアラインのほぼ中間点に位置するパーキングエリアで人口島です。東京湾を360度一望できます。「海ほたる」から川崎側が海底トンネルで木更津川は海上道路となっています。川崎~木更津まで約15㎞で、都心あるいは神奈川から房総半島への走行距離、時間は大幅に短縮されることになりました。
料金は開通当初は確か4500円程でしたが今は800円です。(安いです!!)

DSC00521_convert_20141211110723.jpg
神奈川県川崎方向です。中央やや右手の白いトンガリボッチは東京湾
アクアラインの川崎側海底トンネルの入り口(換気口?)だと思います。


 
都心方向です。ビル群が見渡せます。
(中央やや左に東京タワーらしきものが見えます。)
(水平が取れていませんね !   相変わらずへたくそですね・・・。)

DSC00524_convert_20141211110812.jpg


水平線の左手に富士山らしきものがカスカにが見えます。

DSC00520_convert_20141211112437.jpg


羽田空港方向です。

DSC00525_convert_20141211110835.jpg
覚えていますか ?  以前は木更津~川崎間はフェリーが行き来していました。
小さなフェリーでしたが風情があっていいものでいた。
房総半島もう少し先の方の金谷~三浦半島の久里浜までのフェリーは
今でも運行しています。
小一時間ほどの船旅でしたがフェリーものんびりしていていいものでした。

  DSC00531_convert_20141211112803.jpg   DSC00513_convert_20141211112404.jpg

 DSC00527_convert_20141211110858.jpg

千葉市方面です。ウイークディの朝の9時ころでしたが「海ほたる」
の駐車場はチョット遠いところに停めさせられました。「海ほたる」
の施設内はそれほど混んでいるわけではありませんでした。
休日は大変だと思います。


  1. 2014-12-13 00:55 |
  2. 未分類

最古の木造小学校


DSC00798_convert_20141204001013.jpg

茨城県大子町の 旧「上岡小学校」です。大子町は日本三大名瀑の一つ「袋
田の滝」があるところとしても知られています。
ここはJR水郡線(水戸~郡山)大子駅から車で7~8分の場所にあります。
明治時代に建てられた木造の小学校校舎で、現存する木造の小学校では最古
と言われています。平成13年3月までは実際に使われていたそうですが、現
在は映画のロケ等に使われたり、普段は地元住民の陶芸教室や絵画教室等
に使われているそうです。(一般に公開しています。)
井上真央さん主演のNHK朝の連続テレビ小説「おひさま」のロケにも使われ
ました。
こんな所で撮影しているのですネ。
前にも行きましたが、懐かしくて、つい遠回りしてでも寄ってみたくなりま
した。
DSC00799_convert_20141204001035.jpg

今でもガラスはピカピカに磨かれていました。 
DSC00804_convert_20141204001216.jpg

子供たちの声が聞こえてきそうです。
 
DSC00805_convert_20141204001233.jpg

廊下を走ってはいけません!

DSC00802_convert_20141204001053.jpg  image inoue mao

DSC00797_convert_20141204000946.jpg


  1. 2014-12-04 00:40 |
  2. 未分類

「智恵子抄」東京に空が無いといふ

  
 

智恵子の生家(福島県二本松)

高村光太郎は智恵子の実家にしばらく帰省していました。
DSC00772_convert_20141126235629.jpg
 
高村光太郎は31歳の時に3つ年下の女流画家・長沼智恵子と結婚しました。
智恵子の実家は福島県安達郡油井村(現在の二本松市)の酒造家でした。
『智恵子抄』は智恵子が他界してから夫婦の愛を綴った詩集として刊行
されました。 

   DSC00810_convert_20141126235729.jpg takamura4[1]
               
  智恵子が見たかった「ほんとうの空」、あの山の上の空・・・
  福島県の安達太良山(あだたらやま)は詩人で彫刻家の高村光太郎
  の詩集『智恵子抄』に出てくる事であまりにも有名です。


                    あれが阿多多羅山(安達太良山)、
                    あの光るのが阿武隈川

      『千恵子抄』より
  「あどけない話」 (高村光太郎)

  智恵子は東京に空が無いといふ。
  ほんとの空が見たいといふ。
  私は驚いて空を見る。
  桜若葉の間(あいだ)に在るのは、
  切っても切れない
  むかしなじみのきれいな空だ。
  どんよりけむる地平のぼかしは
  うすもも色の朝のしめりだ。
  智恵子は遠くを見ながら言ふ。
  阿多多羅山(あたたらやま)の山の上に
  毎日出ている青い空が
  智恵子のほんとうの空だといふ。
  あどけない空の話である。



      霞ヶ城(二本松城)
  
  智恵子の生家より車で5~6分の所にあります。
  会津の鶴ヶ城と同様、戊辰戦争では官軍との攻防がとても激しい戦いの
  ようでした。
  

DSC00779_convert_20141126235833.jpg

 DSC00776_convert_20141126235759.jpg

     
DSC00786_convert_20141126235901.jpg
      戊辰戦争だの原発事故だのと大変・・・・。
   
      
  1. 2014-11-27 00:45 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

パワースポット「浅間大社」静岡県富士宮

1206_convert_20141110002301.jpg 

           
         パワースポット① 「浅間大社」 富士宮

 富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)は、「浅間大社」
 の略称で知られ、
全国に
1,300社ある浅間神社の総本宮だそうです。
 富士山を神体山として祀り、富士山8合目以上は「浅間大社」の境内地
 (ご神域)ということです。(ウイークデイはあまり人はいなくて静かなところでした。)
 
 
すぐ後ろに富士山がそびえ立ちます。 
1219_convert_20141110002508.jpg 
※きれいに撮れる場所を探したのですが、こんな写真しかとれませんでした。
又行って撮りたいと思ってます。

日本の中心にある池「湧玉池」(わくたまいけ)

ここで一番のパワースポットは、社殿の右奥にある「湧玉池」です。
                          (国特別天然記念物)
この湧玉池の場所が「日本の中心」であると言われています。
湧玉池は、霊峰・富士山の雪解け水が溶岩の間を通って湧き出しています。
この池の流れが東京都心に流れる神田川になるのだそうです

(駿河湾に流れていそうですが、ちょっと位置関係から想像できない感じがありますが・・・)

1211_convert_20141110002408.jpg 

1209_convert_20141110002334.jpg  1213_convert_20141110002437.jpg



パワースポット②
日本の滝百選にも選ばれている名所「白糸の滝」

「浅間大社」から車で15~20分、白糸の滝があります。やはりパワース
ポットとして知られています。この白糸の滝は湾曲した壁面になっていま
す。そしてその壁面から水が染み出る形で流れ落ちています。
滝は高さは20mですが幅は200mあり、この幅は日本で最大だそうです。
白糸の滝は幾筋もの水が流れ落ちていることから、それが絹糸のような印
象を受け付けられた名称の由来のようです。
又、この滝の水は富士山の伏流水が壁面から染み出ているものです。
(富士山の水の滝だからパワースポットなのでしょうかね・・・)

PAP_0189_convert_20141110002547.jpg 


「音止めの滝」

白糸の滝の手前にあります。豪快に流れ落ちるこの滝は、高さ25m、
瀑音を響かせて落下していて「音止めの滝」と言うそうです。
「音止の滝」は、見る位置によって音の大きさに違いがあるらしいです。

その昔、曾我兄弟が父の仇の工藤祐経を討つ相談をしていた際、滝
の音で声がさえぎられたため、しばし念じたところ滝の音が止んだ
という伝説が残されているそうです。

 

PAP_0187.jpg 


静岡県富士宮市上井出付近


  1. 2014-11-13 15:01 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青森県 弘前「けんかねぷた」

  
498_convert_20141029174535.jpg 


明治から昭和初期にかけて、若者達が作り練り歩いたねぷたは他のねぷたと出くわすと
相手のねぷたに石を投げつけたり竹槍や木刀で乱闘し、しばしば死傷者が出たと言われています。
このため何度もねぷた禁止令が出されたことがあるといいます。
そしてこれが「けんかねぷた」と言われる由縁なのです。
       (青森県弘前市)


497_convert_20141029174815.jpg 


499+(1)_convert_20141029174632.jpg 


 
弘前城・・・・ここの桜は最高です。5月の連休くらいがいいです。
私が今まで見た桜の名所の中では別格だと思っています。
お城もいいし、リンゴがうまい !!!

483+(1)_convert_20141029174700.jpg 
 
写真は今年の春のものです、「ねぷた」は本来は夏の「ねぷた祭り」の時に行って撮れれば良かった
のですが、この写真は弘前城の前の記念館に展示してあるものを写させていただきました。迫力があり
ます。「ねぷた祭り」は約半年にも及ぶ長く寒い冬を、我慢して我慢してやっと春となり、そして農作
業も一段落して夏を迎え、積もり積もったうっぷんを一気に爆発させるような・・・の祭りと聞きま
した。だから町中が祭りには爆発します。半端ではありません。

この町は、古いものと新しいものがうまくマッチしていて、青森市とは違う雰囲気が
感じられる街です。城下町であり、学都であり、そして妙にオシャレで、品のいい街です。
そしていつも思います・・・もっと写真を撮ってくるんだった・・・と。


  1. 2014-10-29 18:01 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

大正ロマン「銀山温泉」山形県尾花沢


奥羽山脈ど真ん中 !  雪深い秘湯 !!  当時の近代建築を受け継いで・・100年 !!! 


DSC00479_convert_20141003112555.jpg

大正ロマンを現代に・・・。  車は温泉街の中には入れません。

DSC00493_convert_20141003112704.jpg

       銀山温泉(ぎんざんおんせん)は、山形県尾花沢市にあります。江戸時代初期
      に銀山として栄えた「延沢銀山」跡で「銀」を採掘中にお湯が出たとい
      われています。銀山が閉山した後、銀山川の両岸には、三層四層の木造
      バルコニー建築、外装には鏝絵(こてえ)が施された大正から昭和初期に
      かけての建築の旅館が立ち並び、現在の温泉街の街並みなったそうです。
      NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台にもなりました。




  「鏝絵」こてえ
 鏝絵(こてえ)は、左官職人が漆喰(しっくい)を使い、
鏝(こて)で風景や文字などを描いたものです。
百年以上の風雪に耐えられるそうです。
銀山温泉の多くの旅館の戸袋には自慢の鏝絵が描
かれています。
DSC00495_convert_20141004112450.jpg 
 

DSC00476_convert_20141003112533.jpg  DSC00475_convert_20141003112509.jpg 

DSC00508_convert_20141003112939.jpg  DSC00507_convert_20141003113355.jpg 

DSC00499_convert_20141003112851.jpg  DSC00498_convert_20141003112829.jpg 

DSC00497_convert_20141003112810.jpg  DSC00496_convert_20141003112749.jpg 


DSC00482_convert_20141003112640.jpg 

鏝絵(こてえ)は、結構各地でみられますが、こんなに描かれているのは見たことがありません。
DSC00480_convert_20141003112618.jpg 

DSC00501_convert_20141004112514.jpg 


  DSC00494_convert_20141004112430.jpg 

  


  1. 2014-10-03 12:17 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「宮沢賢治」雨ニモマケズ




kengi_convert_20140910151026.jpg 

                        雨ニモマケズ
                         風ニモマケズ
                          雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
                        丈夫ナカラダヲモチ
                          慾ハナク
                           決シテ瞋(いか)ラズ
                            イツモシズカニワラッテイル
                                     ・・・・・・


          「注文の多い料理店」  宮沢賢治

  「どなたもどうかお入りください。決してご遠慮はありません。」

DSC00936_convert_20140910160419.jpg  


「あるきたくないよ。ああ困ったなあ、何かたべたいなあ。」・・・・
  その時ふとうしろを見ますと、立派な一軒の西洋造りの家がありました。   そして玄関には、

       RESTAURANT
       西洋料理店
       WILDCAT HOUSE
       山猫軒 
     
という札がでていました。
「君、ちょうどいい。ここはこれでなかなか開けてるんだ。入ろうじゃないか。」
「おや、こんなとこにおかしいね。しかしとにかく何か食事ができるんだろう。」
「もちろんできるさ。看板にそう書いてあるじゃないか。」
・・・・・

318_convert_20140910151058.jpg 

        料理はもうすぐできます。
        十五分とお待たせいたしません。
        すぐたべられます。
          ・・・・・・

        「どうもおかしいぜ。」
        「ぼくもおかしいとおもう。」
        「沢山の注文というのは、向うがこっちへ注文してるんだよ。」
          ・・・・・・・・

        「だからさ、西洋料理店というのは、ぼくの考えるところでは、
        西洋料理を、来た人にたべさせるのではなくて、
        来た人を西洋料理にして、食べてやる家とこういうことなんだ。
         ・・・・・・・・・

・・・宮沢賢治 「注文の多い料理店」 原文より

320_convert_20140910151133.jpg  326_convert_20140910160449.jpg 

宮沢賢治記念館 岩手県花巻市



                  「岩手銀行」
311+(1)_convert_20140910151200.jpg  296_convert_20140910151223.jpg 

盛岡銀行の本店として1911年(明治44年)に完成した赤煉瓦造り3階建ての建物。
1931年(昭和6年)の岩手県金融恐慌で破綻し、後に岩手銀行本店として使用され
1983年(昭和58年)まで岩手銀の本店であった。国の重要文化財に指定されている。








  1. 2014-09-10 16:18 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「なまはげ」

          注意 !  秋田 男鹿半島には「鬼」がいます !!   お気をつけください !!!

DSC00958+(1)_convert_20140826224648.jpg 

「なまはげ」は、悪事を諌め災いを祓いにやってくる山の神々の使者で、良い鬼or妖怪のことである。
今でも毎年の年末になると、大きな出刃包丁やカマを持って、村中の家々を訪れ奇声を発し ながら
練り歩き、家々に入って怠け者の子供や初嫁を探して暴れる。又、吉をもたらすともされている。
 
554_convert_20140826224928.jpg  


「なまはげ伝承館」で「なまはげ太鼓ライブ」が催されていますが、その太鼓と踊りは
迫力満点、見る者を圧倒し感動させます。

562_convert_20140826224901.jpg 

こんなのが家に来たら怖いですよね !

569_convert_20140826224835.jpg  DSC00977+(1)_convert_20140826224550.jpg


道中、いたる所に「なまはげ」が現れます。
DSC01000+(1)_convert_20140826224438.jpg    DSC00998_convert_20140826224509.jpg




男鹿半島 最先端、入道崎灯台

DSC00952_convert_20140826224810.jpg  DSC00953_convert_20140826224715.jpg


  1. 2014-08-26 23:09 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「小江戸 川越」

小江戸とは「江戸の文化が真っ先に伝わる繁栄した町」という意味と言います。
「世に小京都は数あれど、小江戸は川越ばかりなり」と謳われていました。
川越は川越藩の城下町で、幕府との関係は深く、川越街道や新河岸川の船運で江戸
とは深く結ばれていました。
旧市街地北部の一部地域が重要伝統的建物群保存地区となっています。 

DSC01649_convert_20140807153704.jpg  

 


DSC01669_convert_20140807114254.jpg   DSC01670_convert_20140807113406.jpg

天明3年(1783年)創業、代々川越藩の御用を勤めた「龜屋」は、まさに小江戸川越を象徴する老舗。 

   DSC01659_convert_20140807114143.jpg   DSC01667_convert_20140807113442.jpg
                     小江戸川越のシンボル「時の鐘」、   
                        時刻を知らせる「鐘」です。

小江戸を象徴する町並みとして川越の蔵作りは有名ですが、実は明治時代に作られたもので、
明治26年の「川越の大火」で街の3分の2が焼けてしまったそうです。その後、火事にも強い
土蔵造りに再建したという事です。

この街は看板が実にユニークです。
 
DSC01664_convert_20140807113510.jpg   DSC01658_convert_20140807181138.jpg

DSC01656_convert_20140807113624.jpg  DSC01657_convert_20140807113732.jpg




古いものをうまく使ったレトロでおしゃれな店がたくさんあり、楽しませてくれます。

DSC01662_convert_20140807113541.jpg

 
DSC01655_convert_20140807123325.jpg DSC01654_convert_20140807123356.jpg
      通りのアンティークステンドの歯科医院    雰囲気のいいカフェ
                                                                                                                     コーヒーもおいしそう!
DSC01668_convert_20140807122843.jpg 

「埼玉りそな銀行」
蔵の町並にドーンとそびえる洋風のオシャレな建物です。
 
レトロな蔵造りの街に洋館が時代交差していて妙にマッチして面白いです。 

 DSC01661_convert_20140807123011.jpg 

DSC01660_convert_20140807123429.jpg 
同じ通りの一般住宅にあった玄関脇の飾り・・・オシャレ!
(手造りみたいです。)

  1. 2014-08-07 13:18 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

100年の伝統 東京駅 丸の内


PAP_0232.JPG[1]  

東京駅丸の内口。鉄筋レンガ造り3階建ての豪壮華麗な洋式建築。開業は1914年、第一次世界大戦の開戦の年です。向かって右側に東京ステーションホテルがあります。ここのラウンジにあるカフェで飲むコーヒーは雰囲気も味も格別なものがありましたが、改装になってからのカフェはどうなったのかなと思っています? 大正の時代から100年の伝統のあるホテルに一度は泊まってみたいものと思っていましたが実現できそうにもありません。 又、コーヒーと雰囲気だけで我慢かな・・・?

375px-Tokyo_Station_original_shape.jpg
                                                                                                                                       開業当時    



      PAP_0234.JPG[1]


        丸の内口 北口ドームの天井。2003年に国の重要文化財に指定「関東の駅百選」認定。
 
image09_convert_20150521162501.jpg 

image07_convert_20150521162409.jpg 


image04_convert_20150521162227.jpg

image01_convert_20150521162143.jpg 

image05_convert_20150521162300.jpg 





  1. 2014-07-21 00:41 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミシュラン2つ星 松島「円通院」 



松島  円通院は「ミシュラン観光ガイド」の二ツ星に選ばれたのだそうです!

1175_convert_20140702152750.jpg 

伊達政宗の嫡孫 光宗の霊廟として、正保4年(1647)瑞巌寺洞水和尚により建立されました。

1155_convert_20140702152629.jpg  1170_convert_20140702152832.jpg 

松島には有名な瑞巌寺がありますが、この円通院はそのすぐ隣にあって
あまり知られていませんでしたが「ミシュラン観光ガイド」に庭園のすばらしさが
載るなどして広く知られるようになりました。
 
新緑の季節もいいですが特に秋の紅葉の時期は見事です。

1180_convert_20140702152917.jpg 



円通院の隣にある「甘味処洗心庵」で食事        「松島カキ丼」

785_convert_20140703154051.jpg  770_convert_20140703153943.jpg 

松島の表通りから裏手へ入ったところです。観光バスなどは来ない通りです。


おいしいお店や風情があってなかなかいい裏通りです。 




松島 円通院の紅葉

秋にはこんな紅葉も見れます(昨年の紅葉) 絶景です。
晩秋の夜はライトアップもされ、夜の松島湾クルーズとセットにした観光コースもあるとか?
又、あまりの美しさに地元テレビ局は実況中継もするらしい・・・? 

772_convert_20140703154019.jpg    


788_convert_20140703154210.jpg 


789_convert_20140703154318.jpg  786_convert_20140703154138.jpg






  1. 2014-07-03 12:08 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

武家屋敷 「小京都 角館」

お願いします。是非、福でも招いてみて !

DSC00153_convert_20120209161331.jpg



「粋な黒塀」と武家屋敷の「小京都 角館」

秋田 角館 武家屋敷
    DSC00139_convert_20120209152619.jpg

角館は秋田の大名「佐竹公」の支藩があった城下町で京都文化への憧憬が城下町のデザインに
反映されたものらしい。街は古い冠木門(かぶきもん)や板塀の、まるで時代劇のセットを見るような
武家屋敷の建ち並ぶブロックと町家のブロックとにわかれていて、昔の面影が色濃く残っている。
街にはわざわざ京都から「枝垂れ桜」をふんだんに持ってきて植えたことなど、
佐竹公は風流で遊び心の持ち主だったらしいことがうかがえる。

DSC00162_convert_20120209161710.jpg DSC00164_convert_20120209161813.jpg

DSC00157_convert_20120209161545.jpg DSC00154_convert_20120209161443.jpg

武家屋敷の通りにあるお店をの「看板」や「物」を撮ってみました。
どの店もすごくおしゃれで「粋」です。
町全体を「現代の誰かが」トータルにデザインをしているのかな‥‥
と思わせるほどです。 
   



角館 稲庭うどん
なかなかです。一度は来てみる価値があります。
しかし、休日は混んで大変。駐車場も入れません。

値段のくらいおいしいものを食べさせてくれると
もっといいんですけどね。
値段には都会も田舎もないみたいです。


DSC00175_convert_20120209161950.jpg      DSC00157_convert_20120209161545.jpg
                                あの赤い魚、狙ってる ?

DSC00138_convert_20120209152317.jpg  DSC00127_convert_20120209152210.jpg

DSC00159_convert_20120207154416_convert_20120207162408_convert_20120207164233.jpg 


    

    

  1. 2014-06-27 09:45 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギネス認定 くらげ水族館


くらげ水族館に行ってきました。山形県鶴岡市にあります。
くらげ専門の水族館は世界で唯一だそうです。 
ギネスにもi認定されたのだそうです。
(毒針をもったくらげの数№1で…。)
 
加茂水族館
くらげ水族館

kamo_wall_top_400.jpg
きれいです。
神秘的です。

これがとても「くらげ」とは思えません。
田舎の町の小さな水族館でした。
  1. 2013-04-30 21:44 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊達家学問所 「有備館」


有備館は震災で全壊したそうです。残念です。
有備館は伊達家三代敏親が武士の子弟を教育するために建てた学問所でした。
当時、現存する日本最古の学校建築ということでしたが…。

yubikan_convert_20120604182736.jpg 


岩出山の酒造元  森民酒造店
有備館のすぐ近所です。
見学も出来るそうです。

   「 森泉」ってだれかいましたよね。        これ何?   iwadeyama+sakaya_convert_20120604182332.jpg  iwadeyama+sakaya+02_convert_20120604182450.jpg




森の中のそば屋さん 手打ちそば「もみじ野」 
  有備館からはちょっと離れていて 細い山道をだいぶ行ったところにあります。
    晴れた日はテラスで食べるそばも格別です。
iwadeyama+soba_convert_20120604182532.jpg  photos 



photos.jpg   iwadeyama+soba+02_convert_20120604182607.jpg  



iwadeyama+soba+03_convert_20120604182652.jpg  img_momijino01.jpg



  1. 2013-04-21 23:38 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0